春日部市での家族葬とその意味

春日部市の家族葬の礼儀作法

春日部市の家族葬の礼儀作法の写真

家族葬は、近所の人や同僚に知られることなく葬儀を済ませたいという理由で利用されることもあります。

また、後になって家族葬に行ったことを知られて、参加したかったはずなのに声をかけられなかったという不満を抱く可能性もあります。どこに情報が伝わるかわからないので、家族葬に参列したことは秘密にしておくことが大切です。もちろん、勤務先に慶弔見舞金を申請した場合はやむを得ません。普通のお葬式でも家族葬でも、ほとんどの場合は報奨金を持参した方が良いでしょう。ネット上には、家族葬であれば報奨金を持ってくる必要がないという情報が、あたかも真実であるかのようにたくさんありますが、家族葬であれば報奨金は必要ありません。このような誤った情報を信じているのは自分だけではないので、慌てないことが大切です。遺族の中には、報奨金の提示を断っている人もいるかもしれません。死亡の知らせと同時に「葬儀・香典」を辞退することを明確にしているのであれば、遺族の意思を尊重することが大切です。お葬式で「お施主様」という言葉を聞いたことがありますか?喪主」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。まずは、「供養者」と「喪主」の違いを簡単に説明します。供養者」と「喪主」の役割は非常に似ていますが、立場は微妙に異なります。しかし、両者の立ち位置には若干の違いがあります。供養者とは、葬儀全体の費用を支払う人のことです。また、喪主をサポートする人でもあります。喪主の役割は、遺族を代表して葬儀を執り行うことです。喪主は、葬儀ディレクターやそのスタッフの主な窓口であり、菩提寺や葬儀に参列する人たちの受付や挨拶をする役割を担っています。非常に重要な役割ではありますが、性別や年齢、血縁関係に関係なく喪主になることができます。従来は、喪主の役割は喪主をサポートすることでしたが、近年では喪主が両方の役割を担うことが一般的になってきています。参列者の受付や挨拶は、ゆっくりと丁寧に、そして心を込めて参列してくれたことへの感謝の気持ちを込めたものにしましょう。花は祭壇の両脇に置かれますが、どのような順番で置くかを決めるのは、受け取る側の大切な仕事です。花の配置は、血縁の近い順に右から順に祭壇に並べるのが一般的です。花の順番を決めるのは司会者の責任ではありませんし、家族の意見を取り入れればトラブルになることもありません。また、供花を受け取った人にお礼をする仕事もあります。後日、お返しの品と一緒にお礼状を送るのが一般的です。お礼状としてお花を贈った人が誰なのかをメモしておくことで、油断して終わってしまわないようにしましょう。