春日部市での家族葬とその意味

春日部市の家族葬の範囲

春日部市の家族葬の範囲の写真

多くの場合、「故人の遺言により家族葬にしました」など、故人の希望であったことが書かれていることが多いです。

故人や家族が年賀状のやりとりをしている場合は、「年賀欠礼はがき(喪中はがき)」を送ります。この場合は、年賀状を準備する前の遅くとも11月中旬か12月上旬に送るようにしましょう。また、葬儀に参列していた人で、故人が亡くなったことを知っている人にも喪中はがきを送ることができます。喪中はがきは本来、自分が喪中であることを知らせるためのものではありません。年賀状」という名前の通り、喪中のために新年のお祝いができないことをお詫びするためのものです。一方、喪中はがきを受け取り、友人や知人が亡くなったことを知った場合は、松の内が終わった1月8日以降に寒中見舞いの気持ちを伝えるのが一般的です。また、故人との関係性にもよりますが、お香典などの供物を持参して故人にお参りすることもあります。その場合は、ご遺族に連絡を取り、空き状況や意向を確認してからお参りをします。また、お悔やみの気持ちを伝えるために、お花や香典を贈ることもあります。家族葬が増えてきたこともあり、最近ではお米などの引き出物の種類も多くなってきていますので、お悔やみの気持ちを伝えるための引き出物を贈ることもあります。参列者数が葬儀社のプランに書かれている人数を超えてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?葬儀社の家族葬プランの中には、葬儀費用と一緒に「~人まで」と人数の上限を記載しているものがあります。通常、これらのプランでは、会場の広さや食事の回数、返礼品(変動費)などに応じた金額を想定しています。多少の変動は、追加費用などで対応することができます。葬儀プランに記載されている費用はあくまでも目安と考え、不明な点があれば、見積もりを取る前に葬儀社の担当者に相談することをおすすめします。