春日部市での家族葬とその意味

春日部市の家族葬の注意点

春日部市の家族葬の注意点の写真

家族葬を行う際には、いくつかの注意点があります。

まず、一般的に家族葬はコンパクトにすることで費用を抑えることができますが、参列者の人数が限られているため、香典で費用を補うことができない場合があります。しかし、参列者の人数が限られているために、香典で葬儀費用を賄えないケースもあります。また、予想外に大勢の参列者が葬儀に参列してきて、対応できる人員や設備がない場合もあります。新聞などに告知を掲載する際には、「一般の方はご参列いただけません」などの注意書きを必ず付け加えましょう。家族葬の参列者同士のコミュニケーションがうまくいかず、適切な故人とのお別れができなかったという不満が出ることも珍しくありません。家族葬をすぐに決めるのではなく、家族や親族、知人が故人をどのように偲ぶかを話し合った上で、葬儀の種類を決めるのがベストです。家族葬をどのように行うかは自分で決められる場合もありますが、それ以外の場合は、家族や親戚などに自分の希望を確認して調整した方が良い場合もあります。家族葬が本人の意思である場合は説得しやすいですが、家族(妻、夫、子供など)が決めるケースも多く見受けられます。特に血縁関係のあるご両親や兄弟姉妹などの賛同を得ることは、家族内でトラブルを起こさないためにも重要なことです。親族との段取りをしっかりとしていたとしても、「自分の最後のお別れは自分で言いたかった」と非難される可能性がありますが、これは先ほど述べたデメリットです。そのため、家族葬を行うと決めたら、招待する人を慎重に決める必要がありますし、招待されなかった人に失礼のないようにしたいものです。さて、家族葬は内輪のお葬式ですから、外部に情報が漏れてしまうと、お葬式中に人が来て混乱してしまう可能性があります。以前、葬儀場のあるお寺の住職さんが、ご近所の方が家族葬をすることになり、会場を二分する予定だったのですが、準備の段階で生花の申し込みが増えてしまったそうです。とおっしゃっていたそうです。故人が町内で活躍されていたため、急遽、式場の仕切りを撤去し、一般葬の構成を変更して大人数に対応することになりました。その結果、お近くにお住まいの方を含めて約200名の方にご参列いただき、ご葬儀を行うことができました。