春日部市での家族葬とその意味

春日部市の家族葬の流れ

春日部市の家族葬の流れの写真

場合によっては、葬儀社に任せて出棺を行うこともあります。

通夜とは、故人と過ごす最後の夜のことです。通夜の儀式では、お寺でお経を唱えた後、参列者が故人を偲んで飲食をする通夜法要が行われます。故人と一緒に最後の夜を過ごしたい方は、式場に宿泊します。人数制限があったり、宿泊自体ができないところもあるので、事前に葬儀社に確認しておきましょう。出棺前には、葬儀・告別式を行います。家族葬であっても、流れは問題ありません。宗教的な葬儀では、お寺から案内があり、仏様の弟子になった証として戒名をいただきます(宗派にもよりますが)。その後、告別式では、家族や親族が故人に最後のお別れをし、火葬場に迎えます。家族や親族は、火葬場まで故人に同行して故人の死に立ち会います。地域によっては、先に火葬を行ってから葬儀を行う場合もあります。しかし、家族葬は一般的な葬儀とは異なり、家族だけの葬儀であるため、飲食する場所がないことが多いです。お寺で読経をしてもらい、家族や親族が焼香をします。葬儀や告別式の際には、弔辞や弔辞の奉納を行う場合が多いです。読経の後は、故人との最後のお別れの時間です。霊柩車の蓋を開け、お別れの花を霊柩車の中に入れます。霊柩車の蓋が閉じられた後、棺桶への移行が行われます。故人を乗せた霊柩車は、自家用車やタクシー、マイクロバスなどで家族や親族を火葬場まで誘導します。霊柩車には霊安牌を持った喪主が同行するのが一般的です。火葬の所要時間は、開始から終了まで約1時間から1時間半です。火葬後、遺骨は家族や親族によって回収され、骨壷に納められます。火葬して遺灰を集めた後は、先進的な初七日法要を行い、法要の支払いを行います。地域によっては、この儀式を「正神払い」や「しあげ」と呼ぶこともあります。初七日法要は、もともとは亡くなってから7日目に行われていましたが、現在では親族が集まる葬儀当日に行うのが通例となっています。その後、参列者への感謝の気持ちを込めて「初七日法要」と呼ばれる食事で故人を偲びます。また、偲ぶ会は通常、故人が亡くなってから7日目に行われるため、火葬当日に行わない場合もあります。お通夜と同様に、家族だけなので食事や飲み物を持たずに帰りのレストランで法要を行う場合もあれば、食事や飲み物を持たずに終了する場合もあります。

春日部市での家族葬で好評の葬儀社